【注目】腎臓に良い食べ物について調べた結果…

腎臓という器官は、体の中で非常に重要な役割をしている器官です。
ですが、塩分やタンパク質の過剰摂取などにより、負担がかかり、腎臓に疾患を起こしてしまうことがあります。
そうならないように、また、腎臓に疾患が起こってしまった場合に、どのような食べ物を食べると良いのでしょうか?

腎臓に良い食べ物

まず、腎臓に良い食べ物の代表格として、よく知られているのが、シジミですね。
シジミには、腎臓障害を改善するといわれる「オルチニン」という成分が豊富に含まれています。
さらには、腎臓に負担がかかりにくい良質なタンパク質や、ビタミン・ミネラルも豊富です。
これらの点から、シジミは腎臓に非常に良い食べ物として、古くから知られています。

また、ひじき、コンブなどの海藻類には、尿酸を溶かすことで、体外に排泄するという働きがあるため、これらも腎臓に良い食べ物となっています。
それから、腎臓の調子が悪いときには、タンパク質の過剰摂取は控えることが必要になります。
ですが、良質なタンパク質は適度に摂取しなければなりません。
そんな良質なタンパク質を摂取できる、腎臓に良い食べ物として挙げられるのが、魚類や豚肉、鶏肉、豆類などです。
肉を選ぶ際には、牛肉よりも豚肉か鶏肉を選びましょう。
魚類を食べる際には、調理の際の塩分には十分に気をつけることが大切ですね。

また、大豆や黒豆などの豆類には、解毒作用と利尿作用があり、腎臓に良い食べ物として知られています。
さらに、腎臓機能を強化してくれる食物繊維を豊富に含むキャベツやゴマなども、腎臓に良い食べ物だといわれています。
また、ハトムギのお茶なんかにも、利尿作用があるので腎臓に良いといわれますね。

既に腎臓病を発症している人は要注意!

ただし、すでに腎臓病を発症している人に関しては、カリウムの摂取量を制限されるなど、症状によって食事の仕方が変わってきます。「腎臓に良い食べ物だから」と思い込んで過剰に摂取するのではなく、担当医と相談しながら、自分に合った食事療法をしていきましょう!