血清クレアチニンに関する情報まとめ

検査を受けたら書いてある「血清クレアチニン」って一体何なのでしょうか。
血清クレアチニンに異常が見られたらどんなことがあるのでしょうか。
血清クレアチニンに関する情報をまとめます!

「血清クレアチニン」って何?

まず、「血清」とは血液中の「液体部分」のことです。その血清中に、筋肉で作られるクレアチンという老廃物がどのくらいあるかを示した値を「血清クレアチニン」と言います。
普通は、クレアチニンのほとんどが、腎臓の糸球体から排泄されますが、腎機能が低下していると、血清クレアチニンが増加します。
血清クレアチニンの値が高いことがわかると、腎臓に関する病気や泌尿器系などの病気の疑いがあります。

え?ホント?血清クレアチニン値だけでは正確ではない!?

血清クレアチニンの基準値は、男性では0.6〜1.2mg/dl以下、女性では0.4〜1.0mg/dl以下が基準とされていますが、実は血清クレアチニン値だけでは腎機能の低下を正確には図れません。
何故かというと、クレアチニンは、貯蔵されているエネルギーが使われることで産まれる代謝物なので、筋肉の多い人は数値が高めに出ますし、筋肉の少ない人は低めに出てしまいます。

だから、医療現場では、尿中のクレアチニン値も測定し、血清クレアチニン値との比較をして、より正確に腎機能の低下を調べています。

逆に血清クレアチニンが低値ならどんな病気が考えられるの?

血清クレアチニンが高値なら、腎臓の病気などが考えられます。
では逆に、血清クレアチニンが低値ならどんなことが考えられるのでしょうか。
血清クレアチニンは、筋肉の量に比例しますので、値が低くなるということが筋肉量の低下が考えられます。
このケースですと、筋ジストロフィーや、2型糖尿病の発症リスクがあることが示唆されます。
また、逆に、糖尿病の合併症である、糖尿病腎症の初期段階では血清クレアチニン値が高値になってきますので、生活習慣病予備軍の人や生活習慣病の人は、血清クレアチニン値の変化の大きさに注目すべきですね。

まとめ

今回は、血清クレアチニンって何なの?ということや、血清クレアチニンでわかる病気や基準になる検査値の範囲などをご紹介しました。
何気なく受ける健康診断ですが、検査値の意味を知ることから病気の予防にも繋がりますね。