【注目!】クレアチニンを下げる方法を伝授!

自覚症状がないことも多く、沈黙の臓器とも言われる腎臓。
血液中の老廃物を綺麗にろ過し、尿として排泄してくれる腎臓の機能が低下し腎機能の悪化が進行すると腎不全となって人工透析なしでは生きていけなくなります。
そんな大切な臓器である腎臓の機能が正常かどうかを判定するのがクレアチニン値です。
クレアチニン値を下げて、腎不全のリスクを下げる方法を伝授します!

クレアチニン値を下げる効果的な3つの方法とは?

クレアチニン値を下げるには、次の3つの方法があります。

  1. 生活習慣を改善する
  2. 血液中のクレアチニン値を抑える
  3. 血液中の尿酸値を下げる

この3つの方法を積極的に実行し、クレアチニン値を下げ、腎不全のリスクを防ぎましょう。

生活習慣を変える具体的な方法とは何?

それでは、次に具体的に3つの方法についてそれぞれまとめていきます。

生活習慣病とクレアチニン値の上昇は研究により因果関係があるとされています。
糖尿病、高血圧の人やそのリスクの高い生活習慣病予備軍の人は、適度な運動、節酒、禁煙、栄養バランスのとれた食事をし、規則正しい生活を送るようにしましょう。

いきなり全てを実行しようとするとモチベーションも下がりますので、例えば運動であれば「毎日15分ウォーキングをする」だとか、食事であれば「塩分を1日6g以下に抑える」または「インスタント食品は控える」など出来そうなことから実践していくと良いですよ。

クレアチニン値を抑えるにはどうしたらいいの?

生活習慣を改善するのが一番だとわかっていてもなかなか難しいですよね。
そこでおすすめなのはサプリメントを活用することです。

クレアチニン値を抑えるには、ノコギリヤシがおすすめです。
ノコギリヤシには、β-シトステロールをはじめとする腎臓に良い有効成分がたっぷりと含まれています。
β-シトステロールはヨーロッパをはじめとする医療先進国では前立腺肥大症の治療に積極的に用いられているのです。
中でも、天然色素フィコシアニンは血中クレアチニン値の上昇を抑える働きがあるとされています。
血中クレアチニン値の改善に期待できますね。

尿酸値を下げるにはどうしたらいいの?

腎不全に至には、実はクレアチニン値の陰に隠れて真犯人がいます。
それは、尿酸!
尿酸は肥満やストレスで血液中に増加し、痛風の原因でもある物質です。
この尿酸が、実は最新の研究では、腎不全のリスクを4倍〜9倍にも上げるということがわかったのです。

尿酸値を下げるには、ひじき・ワカメ・大豆・昆布・さつまいも・干ししいたけなど、アルカリ性の高い食事もオススメ!
尿をアルカリ化し、尿酸を尿中に多く溶け出させることが尿酸値を下げ、更にはクレアチニンの数値を下げる働きがあり、注目されています。
食材以外もサプリメントでも売られていますので、肉類など動物性タンパク質をよく食べる人は、積極的にクレアギニンEXをはじめとする腎臓サプリを摂取するのがおすすめです。

まとめ

今回は、血中クレアチニン値を下げるための方法をいくつかご紹介しました。

大切な腎臓のはたらきをほとんど失う前に、とっておきの方法でクレアチニン値を下げましょう。