たんぱく尿の原因とは??

たんぱく尿は、健康診断などの尿検査で簡便に調べられるものですが、たんぱく尿の症状がでたら腎臓病の場合がありますので注意が必要です。いったいどのような状況でたんぱく尿がでてきてしまうのでしょうか?

どうしてたんぱく尿が出るの?!

腎臓は尿を作る働きをしていますが、これを行っているのがネフロンと呼ばれるものです。ネフロンは糸球体という毛細血管の球体とそれを包む薄い膜ボーマン嚢から出ている尿細管から成り立っています。腎臓に流れ込む血液は最初に糸球体でろ過されていますが、蛋白質などの大きな物質はほとんどろ過されません。わずかにろ過された蛋白質があったとしても尿細管を通過して処理されるため、正常では尿中に出る量はわずかなものです。しかし、糸球体になんらかの障害が起こると、多量の蛋白質が漏れ出てきてしまいます。このような場合には、尿細管でも処理が間に合わず、尿中にも蛋白がでてきます。従って、尿中にでている場合にはまず糸球体の病気である慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)などの腎臓病が疑われます。
激しいスポーツの後や、高熱、高血圧などでも糸球体からの蛋白質の漏れが多くなることから尿検査でたんぱくが陽性になることがあります。また、糸球体は正常でも、尿細管の病気が原因の場合もあります。しかしこのような場合には、蛋白尿は1日1g以下です。これ以上になると糸球体の病気が考えられます。

たんぱく尿の指摘を受けたら?!

検査でたんぱく尿が出たら腎臓病の可能性があるのか、一過性のもので病気の可能性はないのか確認します。尿の検査は、健康診断などではまず、尿のたんぱくの濃度を示すものが行われ、+、2+、などと表されます。これだけでは詳しく分からないので、尿沈渣などの他の検尿所見や、早朝尿による再検査が行われます。1日のたんぱく尿が0.5g以上であるような場合は専門医を受診することを勧められます。

体の不調など症状がなくてもたんぱく尿の原因が、急性腎炎や慢性腎炎などの腎臓病の可能性もあるので、病院でたんぱく尿の指摘さを受けた場合はよりくわしい検査を受ける必要があります。