腎臓病の症状についてのまとめ

腎臓病は、軽度のうちは目立った症状がないため見過ごされがちです。またゆっくり進行する腎臓病では自覚症状がでにくく、気が付いたときには腎不全が進行していることもあります。体がだるい、疲れやすい、頭痛、動悸、ちょっとしたむくみなど何気ない症状が腎臓病のシグナルになっている場合もあります。体調がすぐれないときは病院で尿や血液検査をおすすめしますが主な症状は次の通りです。

尿の変化

尿中に蛋白がもれ出ている状態のたんぱく尿や尿中に血液中の成分(赤血球)がもれ出ている状態(肉眼ではわからない場合もある。)の血尿が認められる場合には、腎臓の病気がかくれている可能性があります。

腎臓の機能が低下してくると尿を濃縮できなくなり、多尿になることがあります。腎臓病が悪化すると今度は尿をつくることができず、乏尿状態になります。さらに、まったく腎臓が働かなくなると、尿はつくられず、無尿となります。

むくみ

腎臓病になると体内の余分な水分や塩分が十分に排泄されず、身体の中に余分な水分が溜まります。これがむくみの症状です。
むくみは心臓の機能の低下などでも起こりうるものなので、しっかり原因を突き止めたうえで治療をすることが大切です。

高血圧

腎臓は塩分の排泄や、血圧を調節する重要な役割をしています。腎臓病になると高血圧の症状を引き起こします。高血圧は、頭痛や肩こり、吐き気などの症状も伴います。

尿毒症

腎臓病が悪化し、尿から排泄できなくなった毒素や老廃物が血液中に溜まった状態です。全身の倦怠感、疲労感、食欲の低下、嘔気や嘔吐などのさまざまな症状を示します。貧血を起こしている場合もあります。尿毒症の状態は昏睡状態となるなど、生命に関わることがあります。

これらの症状が現れた場合は、早急に病院で検査を受けましょう。腎臓病はその種類や原因、程度が様々で、そのため治療の仕方も異なってきます。ひとりひとりに合った治療が必要な病気です。