血尿と腎臓病の関係について

血尿は尿中に血液中の成分がもれ出ている状態です。肉眼で尿が赤く見えなくても、尿検査で血尿がわかる場合もあります。血尿の原因も様々ありますが、腎臓病との関係はどうなのでしょうか?

血尿の原因

腎臓の糸球体で血液がろ過されて尿がつくられるとき、腎炎などの糸球体に何らかの病気が発症することにより、出血し血尿が出ます。また尿の通り道である尿管、膀胱、などに、出血を起こすような原因があれば血尿が生じます。 このように血尿の原因は、糸球体に原因がある腎臓病と、尿ができた後に血液が混じる、尿路結石や膀胱癌などの病気に分けられます。しかし、血尿が指摘された場合でも女性の方の生理中のように、尿が体の外に出てから血液が混ざるケースもあります。尿検査の時には女性の方は必ず生理の有無が確認されるでしょう。
糸球体に原因がある腎臓病の場合は血尿と共にたんぱく尿が混じっているかが診断の重要なポイントになります。尿検査で血尿の指摘があった場合には、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎盂癌などの悪性腫瘍の場合もあります。生命にかかわるので早期発見が大切です。尿路結石症や膀胱炎も、血尿を伴います。

血尿の指摘を受けたら

血尿の原因には腎炎などの腎臓病によるものと尿路結石や腫瘍など泌尿器の病気による場合があります。尿沈渣に円柱も出ている揚合には、腎臓病の可能性高く、円柱が見あたらない場合には泌尿器の病気の可能性が高い可能性があります。健診や人間ドックなどによる尿検査で血尿が見つかった場合には、どちらかの専門医の受診をすすめられるでしょう。他に症状がないからとほっておくと、知らず知らずのうちに腎臓病や泌尿器の病気が悪化している場合があるので気をつけて下さい。

まとめ

血尿の原因は様々ですが、腎臓病、泌尿器の病気といずれの病気にしても、早く見つかれば、治療により、体の負担も軽減できます。定期的な健診も重要ですが、健康のバロメーターとして毎日の尿の観察は大切ですね。尿の色に違和感があったら、近くの病院で尿検査を受けましょう。