腎臓結石の食事療法

腎臓結石は食事療法によって腎臓の機能を高めることが必須となります。
腎臓の機能を高める、とは腎臓に負荷を掛けないこと。便秘になりにくい食べ物を摂取することです。

○ポイント

「繊維の多いもの」…1日の目標摂取量20g

「カリウム」…1日の摂取量は1500mg以下

カリウム摂取量が多いと、不整脈から突然死の原因となります。

「リン」…1日の摂取量は800mg以下

•リン摂取量が多いと、血管が固くなり、心筋梗塞、心不全、脳卒中の原因となります。

(ただし、カリウムとリンは血液検査の数値を確認してから摂取量を決めましょう)

○繊維の多いもの

なす、ごぼう、キャベツ、エリンギ、干し椎茸、いたこんにゃく、しらたきが推奨されています。
生で食するとカリウムが高いですが、煮ることでカリウムが減少します。
緑黄色野菜のなかでは、ほうれん草は摂取しない。

○穀物

こしあん、ゆで小豆、さらしあん

○海草

塩抜きもずくがよい。
湯通しわかめ。昆布は摂取しない。

○食品

スパゲッティ、フィトチーネ、ペンネ(以上パスタ類)、うどん。そばにはリンやカリウムが多いので摂取しない。
中華麺はカリウムが多いので控える。

ブルーベリージャムはよい。イチゴジャムはカリウムが多いので摂取しない。

ピーナッツバターはリンが多く、摂取しない。

○飲料

ほうじ茶、水などはよい。炭酸、コーラ、酒類は摂取しない。

○摂取しないほうが良いもの

肉類、菓子類、香辛料、ほうれん草(蓚酸を多く含むため)、
サラダ菜、トマト、赤大根、青豆、リンゴなども避ける。

○摂取して良いもの

米、麦、小麦などの穀類。ライ麦パンはよい。

結石は種類によって食事療法の内容が変わります。

結石の種類

●尿酸結石(尿酸を成分とする)、シスチン結石(アミノ酸の一種、シスチンが結晶化)、
リン酸アンモニウム•マグネシウム結石(女性に多い、アンモニアが発生源)、
蓚酸カルシウム結石(ほうれん草、紅茶、ココアに含まれるのが蓚酸)、リン酸カルシウム結石