腎臓がんの症状について

腎臓がんは、初期の段階では自覚症状がありません。がんの進行に伴って症状がでてきます。健康診断や人間ドック、がん検診などで発見するケースも増えておりますが、早期発見ができれば治る確率が高くなる病気なので、症状が現れた時は、すぐに病院に行くことが大切です。可能性のある症状について理解しておきましょう。

腎臓がんの三大症状

腎臓にできたがんが直径5cmを超えると症状が現れてきます。
腹部の疼痛・血尿・腹部のしこりが、腎臓がんの三大症状であるといわれています。

腹部の疼痛

腎臓がんの症状である腹痛は、突発的な激しい痛みではなく、ズキズキといったような鈍い持続的な痛みが特徴的です。

血尿

血尿は腎臓がん患者の約50%でみられる代表的な症状です。初期の段階では、肉眼では血尿の確認できないほど微量です。健診の尿検査で発見される場合があります。進行すると、肉眼でもはっきりとわかる血尿がでます。
腎臓がんの中でも腎盂がんの場合は、早い段階で血尿がでやすい特徴があり、強い痛みを伴うこともあります。

腹部のしこり

腎臓がんが大きくなると、お腹を触るとしこりが確認できることがあります。

水腎症

がんによる影響で腎盂や尿管が塞がってしまうと、腎臓が溜まった尿で拡張する水腎症と呼ばれる状態になることがあります。水腎症は長く続くと腎機能が低下し、腎臓の機能が完全に失われてしまう場合があります。片方の腎臓の機能が失われてももう片方の腎臓が正常に機能するため、命に直結することは少なく、症状がない場合もあります。

その他の症状

腎臓がんがかなり進行すると、食欲不振・体重減少・全身倦怠感・発熱・貧血といった全身症状が現れます。これらの症状は初期の段階では現れません。これらの全身症状が現れている場合、進行が早いといわれています。

まとめ

症状についておわかりなりましたか?自覚症状が乏しいうえに、忙しい日常生活を送る中、症状も見逃しがちになります。早期発見が治療の鍵です。ご自身の身体を日頃からよく観察して、気になる症状があれば病院に足を運びましょう。