腎臓がんのステージについて

がんの進行具合を判断するためにステージという言葉が使われ、発見した段階でどのくらいの進行具合かが分かるようになっています。
腎臓がんでは、国際対がん連合(UICC:Union for International Cancer Control)に準じたTMN分類が主に使用されています。Tは原発腫瘍の広がり、Nは所属リンパ節を表し、Mは遠隔転移を表します。3つの組み合わせにより、ステージIからステージIVに分類されています。

ステージⅠ

癌は腎臓の中にのみ認められる。

  • T1:がんは最大7cm以下
  • T1a:がんの直径が4cm以下
  • T1b:がんの直径が4cm~7cm
  • N0:所属リンパ節転移無し
  • M0:遠隔転移なし

ステージⅡ

癌は腎臓の周りの脂肪に浸潤しているが、それ以上は広がっていない。

  • T2:がんの直径が7cm以上
  • N0:所属リンパ節転移無し
  • M0:遠隔転移なし

ステージⅢ

癌が腎静脈、大静脈に進展している、あるいは、腎臓の近くのリンパ節に転移している。

  • N0:所属リンパ節転移無し
  • M0:遠隔転移なし
  • T1:がんは最大7cm以下
  • T2:がんの直径が7cm以上
  • T3:腫瘍は主静脈内に進展し、または副腎に浸潤、または腎周囲に浸潤するがGerota筋膜を越えない
  • N1:所属リンパ節転移1箇所
  • M0:遠隔転移なし

ステージⅣ

癌は隣接臓器(腸や膵臓など)に浸潤している、あるいは遠隔転移(肺、骨など)を認める。

  • N0:所属リンパ節転移無し
  • N1:所属リンパ節転移1箇所
  • N2:所属リンパ節転移2箇所
  • M0:遠隔転移なし
  • T1:がんは最大7cm以下
  • T2:がんの直径が7cm以上
  • T3:腫瘍は主静脈内に進展し、または副腎に浸潤、または腎周囲に浸潤するがGerota筋膜を越えない
  • T4:がんが肝臓、膵臓、腸管などに浸潤している
  • N0:所属リンパ節転移無し
  • N1:所属リンパ節転移1箇所
  • N2:所属リンパ節転移2箇所
  • M1:遠隔転移あり

このステージ別の進行度は、大きく治療法などに関係してくるものです。腎臓がんは、放っておけば、転移などの恐れもあるので早期発見で、最良の治療を行なうことが重要になってきます。