腎臓がんの検査はどうするの?

腎臓がんの検査は、「血液」「尿」「画像」に分けられます。
最初から画像で腎臓がんを発見するのは難しいため、血液や尿の検査結果から、がん細胞が含まれているかを調べたうえで、症状を絞って診断をつけるために画像を撮るのが一般的な検査方法です。では様々な画像の検査について解説していきます。

腹部超音波検査(エコー検査)

腎臓がんを見つけるのに最も有効な検査です。プローブという器具を直接腹部や背中にあて、超音波によって臓器の状態を調べます。さまざまな画像検査の中でも、超音波検査は苦痛が少なく、副作用がほとんどないので手軽に行えます。腎がんのスクリーニングとして最適な検査といわれております。

CT検査

コンピューター断層撮影検査ともいわれる検査です。断層撮影をおこなって、腫瘍の大きさ、性状、周囲の臓器へのひろがりを調べます。腎がんでは、静脈から造影剤を急速に注入し、短時間に多くの画像を撮影するダイナミックCTにより、診断がより確実になります。

MRI検査

磁気共鳴画像検査ともいわれる検査です。体に強い電磁波を利用し、断層像をさまざまな方向から画像化する検査です。CT検査だけでは診断がむずかしい場合におこなう検査でもあります。腎がんと診断されたら、肝臓や大動脈周囲のリンパ節などへの転移の有無を調べるためにも行うことがあります。また、腎静脈や大静脈への進展の診断にはMRIが優れています。

骨シンチグラフィ(アイソトープ検査)

ごく微量のアイソトープ(放射性同位元素)を静脈内に注入してX線撮影する検査です。一度に全身の骨をチェックすることができる検査です。腎がんであることがわかったら、骨への転移がないかを調べることがあります。

まとめ

腎臓がんは自覚症状がないため、人間ドックや他の病気で超音波検査を受けて、腎臓がんが発見されたケースも少なくないようです。早期発見が治療の効果を左右することになるので、定期的に検査を受けていると安心ですね。